header_logo.GIF

グローバル・シーは世界に通用する日本人・企業をサポートするコンサルティング会社です。

海外案件は、グローバル・シーにお任せください。

新着記事

2012年05月16日

ギリシャ債務交換は一時しのぎ、経済成長なければ削減できず

□焦点:ギリシャ債務交換は一時しのぎ、経済成長なければ削減できず
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82B02U20120312?rpc=131
 ギリシャの債権減免を民間債権者が先週受け入れたことで、EUやIMFの
第2次支援が決定する。しかし、大幅な景気後退や予定される総選挙を
踏まえると、支援は一時しのぎにすぎないとみられている。
 
 □市場の不安はユーロ限定、米景気堅調でリスクオン地合い継続
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82B03520120312?rpc=131

□特集・欧州債務危機
 http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/eurocrisis?rpc=131

□焦点:中国、インフレ抑制へ成長率を犠牲にする意向示唆
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82B03M20120312?rpc=131

□1兆円超えた機械受注外需、世界の設備投資意欲はいち早く回復
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82B02Z20120312?rpc=131

□市場で評価される野田首相、政治への低い「期待値」の裏返しか
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82B01020120312?rpc=131

□震災1年:供給網を再点検、コストダウンと安全確保を両立=キヤノン
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82B02P20120312?rpc=131

□コラム:震災1年、「フクシマ」の教訓
http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPTYE82B04C20120312?rpc=131

□特集・東日本大震災
http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/japanquake?rpc=131

□「資源ナショナリズム」に苦しむ鉱山会社、高リスク地域に進出
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82B03B20120312?rpc=131

□アフガン米兵乱射に住民激怒、「酔って遺体に火」との証言も
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE82B01A20120312?rpc=131
posted by Mark at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

ギリシャ債務問題が重大局面に、19―20日に緊縮策採決

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23696920111019?rpc=131

 □コラム:「緩慢な金融危機」が進行中、リーマンショックとは対照的
 http://jp.reuters.com/article/jp_column/idJPJAPAN-23675620111019?rpc=131

 □ムーディーズがスペイン格下げ、EUに債務危機早期解決の圧力強まる
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23688120111019?rpc=131

 □ウォール街に広がる報酬カットの波、ゴールドマンは最低でも賞与20%
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23699320111019?rpc=131

 □強まるレンジ相場色、欧州問題に一喜一憂
 http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23698320111019?rpc=131

 □特集 世界経済展望
 http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/globaleconomy?rpc=131

 □金融危機特集
 http://jp.reuters.com/news/globalcoverage/uscrisis?rpc=131


posted by Mark at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ギリシャ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする