header_logo.GIF

グローバル・シーは世界に通用する日本人・企業をサポートするコンサルティング会社です。

海外案件は、グローバル・シーにお任せください。

新着記事

2024年01月23日

メキシコ ホタテ加工施設等視察・米国商談ミッション

ジェトロは、ALPS処理水の海洋放出以降の一部の国・地域による輸入規制
強化を踏まえた「水産業を守る」政策パッケージに基づき、メキシコでの
ホタテ加工の実施に向けたビジネスミッションを派遣します。水産加工施設の
視察や商談機会の提供のほか、現地水産関連業界団体からの情報提供などを行
います。加工国・地域の多角化をご検討の企業様のご参加お待ちしています。

◆日 程:2024年3月13日(水曜)〜16日(土曜)
      ※現地(ロサンゼルス)集合・解散予定
◆行 先:米国(ロサンゼルス)、メキシコ(エンセナダ)
◆参加費:無料 
    ※渡航費、宿泊費、食費、集合場所までの移動費等は参加者の負担
     詳細は、下記リンクをご確認ください。
◆定 員:20名程度(最少催行社数:10名)
◆申込締切日: 2024年2月2日(金曜)16時00分
◆詳細、お申込み、お問い合わせはこちら↓
https://www.jetro.go.jp/events/odb/aa2ddf63f344c1da.html
posted by Mark at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月13日

メキシコにおける営業秘密漏えい対策セミナー

グローバル化により海外に進出する日系企業が増加し、これに伴い技術情報等の
漏洩・窃取リスクも増大しています。製造、販売等の拠点を海外に有する場合には、
各国における営業秘密の保護に関連する法規や権利行使のプラクティス、商習慣等
の相違を考慮したうえで、各拠点で営業秘密を管理する必要があります。
しかしながら、海外拠点での営業秘密管理体制の整備には、手付かずのままと
なっている日系企業も少なくありません。
本セミナーでは、メキシコにおける営業秘密の保護に関連する制度、実務上の
留意点等について、現地の制度等に通じた専門家から、具体的な事例とともに
紹介します。

※すでにお申込みいただいている皆様におかれましては、ご放念ください。

【申込URL】
https://www.jetro.go.jp/events/iga/62222947e159f3e3.html

<開催概要>
■日  時:2024年1月19日(金) 9時00分〜10時40分  日本時間
     :2024年1月18日(木) 18時00分〜19時40分 メキシコ時間
■主  催:経済産業省、ジェトロ
■後  援:独立行政法人 工業所有権情報・研修館(INPIT) 
■参 加 費:無料
■開催方法:Webセミナー (Zoomライブ配信)
■言  語:日本語
■留意事項:講演タイトル、内容、講師は予告無く変更になることがあります。
      また、開催時間は前後する可能性があります。
■定  員:450名 ※定員に達し次第、締切とします。
■申込締切:2024年1月12日(金)17時00分(日本時間
・はじめてのお申し込みの方は「お客様情報登録」(無料)が必要です。
・参加者には1月18日(木)17時(日本時間)までに視聴URLを送付させていただきますので、
 当日のセミナーまでにご確認下さい。
・視聴URLは他の方と共有できません。
・ご記入いただいたお客様の情報は適切に管理し、本セミナー以外には
 使用いたしません。
posted by Mark at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月02日

世界遺産(メキシコ)について

世界遺産の登録が7番目に多いのは、なんと35か所のメキシコです。
メキシコの世界遺産についてメルマガでまとめてみたいと思います
1.      メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ (1987)
2.      オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 (1987)
3.      シアン・カアン (1987)
4.      プエブラ歴史地区 (1987)
5.      古代都市パレンケと国立公園 (1987)
6.      古代都市テオティワカン (1987)
7.      古都グアナフアトとその銀鉱群 (1988)
8.      古代都市チチェン-イッツァ (1988)
9.      モレリア歴史地区 (1991)
10.     古代都市エル・タヒン (1992)
11.     エル・ビスカイノのクジラ保護区 (1993)
12.     サンフランシスコ山地の岩絵群 (1993)
13.     サカテカス歴史地区 (1993)
14.     Earliest 16th-Century Monasteries on the Slopes of
    Popocatepetl (1994, 2021)
15.     ケレタロの歴史史跡地区 (1996)
16.     古代都市ウシュマル (1996)
17.     グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス (1997)
18.     トラコタルパンの歴史遺跡地帯 (1998)
19.     パキメの遺跡、カサス・グランデス (1998)
20.     ソチカルコの古代遺跡地帯 (1999)
21.     カンペチェ歴史的要塞都市 (1999)
22.     カンペチェ州、カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林
    (2002, 2014)
23.     ケレタロのシエラ・ゴルダのフランシスコ修道会伝道施設群
     (2003)
24.     ルイス・バラガン邸と仕事場 (2004)
25.     カリフォルニア湾の島々と保護地域群 (2005)
26.     リュウゼツラン景観と古代テキーラ産業施設群 (2006)
27.     メキシコ国立自治大学(UNAM)の中央大学都市キャンパス (2007)
28.     オオカバマダラ生物圏保存地域 (2008)
29.     サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・デ・ナサレノ・デ・
    アトトニルコの聖地 (2008)
30.     オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟 (2010)
31.     ティエラアデントロの王の道 (2010)
32.     ピナカテ火山とアルタル大砂漠生物圏保存地域 (2013)
33.     テンブレーケ神父の水道橋水利施設 (2015)
34.     レビジャヒヘド諸島 (2016)
35.     Tehuacan-Cuicatlan Valley: originary habitat of
     Mesoamerica (2018)

Markはメキシコに行った回数は、4回です。
アメリカに駐在していた際に、車でサンディエゴからティファナ2回と、
メキシコシティに仕事と観光を兼ねて2回行っただけです。

メキシコといえばインカ帝国やマヤ文明の遺産やピラミッドが
有名ですが、テオティワカンは何と2度も観光に行っています。

他は行ったことがないので、1,6のみです。その移動の際に
通った場所があるかもしれませんが。

特に行ってみたいのは、地下都市のグアナファト、カリフォルニア
湾や半島、古代都市の遺跡巡りです。

大阪からメキシコシティに行くにはキャセイパシフィック航空、
Unite航空が安いのではないかと思われます。

出典:ジャパンタウンを世界につくろう  Vol.295   <2023年9月9日>
posted by Mark at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする