header_logo.GIF

グローバル・シーは世界に通用する日本人・企業をサポートするコンサルティング会社です。

海外案件は、グローバル・シーにお任せください。

新着記事

2023年12月02日

世界遺産(メキシコ)について

世界遺産の登録が7番目に多いのは、なんと35か所のメキシコです。
メキシコの世界遺産についてメルマガでまとめてみたいと思います
1.      メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ (1987)
2.      オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡 (1987)
3.      シアン・カアン (1987)
4.      プエブラ歴史地区 (1987)
5.      古代都市パレンケと国立公園 (1987)
6.      古代都市テオティワカン (1987)
7.      古都グアナフアトとその銀鉱群 (1988)
8.      古代都市チチェン-イッツァ (1988)
9.      モレリア歴史地区 (1991)
10.     古代都市エル・タヒン (1992)
11.     エル・ビスカイノのクジラ保護区 (1993)
12.     サンフランシスコ山地の岩絵群 (1993)
13.     サカテカス歴史地区 (1993)
14.     Earliest 16th-Century Monasteries on the Slopes of
    Popocatepetl (1994, 2021)
15.     ケレタロの歴史史跡地区 (1996)
16.     古代都市ウシュマル (1996)
17.     グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス (1997)
18.     トラコタルパンの歴史遺跡地帯 (1998)
19.     パキメの遺跡、カサス・グランデス (1998)
20.     ソチカルコの古代遺跡地帯 (1999)
21.     カンペチェ歴史的要塞都市 (1999)
22.     カンペチェ州、カラクムルの古代マヤ都市と熱帯保護林
    (2002, 2014)
23.     ケレタロのシエラ・ゴルダのフランシスコ修道会伝道施設群
     (2003)
24.     ルイス・バラガン邸と仕事場 (2004)
25.     カリフォルニア湾の島々と保護地域群 (2005)
26.     リュウゼツラン景観と古代テキーラ産業施設群 (2006)
27.     メキシコ国立自治大学(UNAM)の中央大学都市キャンパス (2007)
28.     オオカバマダラ生物圏保存地域 (2008)
29.     サン・ミゲルの要塞都市とヘスス・デ・ナサレノ・デ・
    アトトニルコの聖地 (2008)
30.     オアハカ中部渓谷ヤグルとミトラの先史時代洞窟 (2010)
31.     ティエラアデントロの王の道 (2010)
32.     ピナカテ火山とアルタル大砂漠生物圏保存地域 (2013)
33.     テンブレーケ神父の水道橋水利施設 (2015)
34.     レビジャヒヘド諸島 (2016)
35.     Tehuacan-Cuicatlan Valley: originary habitat of
     Mesoamerica (2018)

Markはメキシコに行った回数は、4回です。
アメリカに駐在していた際に、車でサンディエゴからティファナ2回と、
メキシコシティに仕事と観光を兼ねて2回行っただけです。

メキシコといえばインカ帝国やマヤ文明の遺産やピラミッドが
有名ですが、テオティワカンは何と2度も観光に行っています。

他は行ったことがないので、1,6のみです。その移動の際に
通った場所があるかもしれませんが。

特に行ってみたいのは、地下都市のグアナファト、カリフォルニア
湾や半島、古代都市の遺跡巡りです。

大阪からメキシコシティに行くにはキャセイパシフィック航空、
Unite航空が安いのではないかと思われます。

出典:ジャパンタウンを世界につくろう  Vol.295   <2023年9月9日>
posted by Mark at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | メキシコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック