header_logo.GIF

グローバル・シーは世界に通用する日本人・企業をサポートするコンサルティング会社です。

海外案件は、グローバル・シーにお任せください。

新着記事

2024年02月03日

世界遺産(オランダ)について

世界遺産の登録が26番目に多いオランダの世界遺産について
メルマガでまとめてみたいと思います。12か所 

1.      スホクラントとその周辺 - (1995年)
2.      オランダの水利防塞線群 - (1996年・2021年)
3.      キンデルダイク=エルスハウトの風車網 - (1997年)
4.      キュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区 -
     (1997年)
5.      Ir.D.F.ヴァウダヘマール - (1998年)
6.      ベームスター干拓地 - (1999年)
7.      リートフェルトのシュレーダー邸 - (2000年)
8.      アムステルダムのシンゲル運河の内側にある17世紀の
    環状運河地域 - (2010年)
9.      ファン・ネレ工場 - (2014年)
10.     慈善の集団居住地群(オランダ語版)(ベルギーと共有)
    - (2021年)
11.     ローマ帝国の国境線-ゲルマニア・インフェリオルの
    リーメス - (2021年、ドイツと共有)
12.     フラーネカーのエイシンガ・プラネタリウム - (2023年)
13.     ワッデン海 - (2009年・2014年、ドイツ、デンマークと共有)
    自然遺産

Markはオランダに2度行ったことがあります。最初は学生の時
40年くらい前ビジネスで12年くらい前に行きましたが、世界遺産を
見るという概念がなかったので、どの世界遺産も見てないと思います。

ちょっと前にNHKのトラムで見る欧州(?)という番組で、
アムステルダムを見ましたが、全然覚えていませんでした。

行ってみたいのは13のワッデン海で、潮の満ち引きで6時間ごと
海になったり、陸地になったりという不思議なサイクルを繰りかえ
土地です。

4のキュラソー島の港町ウィレムスタット市内の歴史地区はカリブ海の
オランダ自治領、キュラソー島にある町並みです。そこにカリブ海
らしいカラフルな家々が並んでいます。

大阪からアムステルダム行くには直行便はないと思いますので、
中国東方航空、厦門航空、キャセイパシフィック航空等で乗り継い
13万円位で行けます。

出展:Vol.315   <2024年2月3日>
□□□□■□□□□□■□□
□□□■□□□□□□■□□   ジャパンタウンを世界につくろう!
posted by Mark at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | オランダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする