header_logo.GIF

グローバル・シーは世界に通用する日本人・企業をサポートするコンサルティング会社です。

海外案件は、グローバル・シーにお任せください。

新着記事

2020年12月11日

日本の中小企業の先進・先端技術で世界に挑む〜    海外企業経営者と日本の中小企業との 「先端産業CEO商談会」を“オンライン”で開催!

 独立行政法人中小企業基盤整備機構(略称:中小
機構 所在地:東京都港区 理事長:豊永 厚志)は、
令和3年2月に、インドネシア、マレーシア、フィリ
ピン、シンガポール、タイ、ベトナムの6か国の海外
企業約25社と日本の航空機・ロボット関連中小企業
とのオンライン商談会「先端産業CEO商談会」を開催
します。

詳細につきましては、以下の中小機構HPをご覧くだ
さい。

http://krs.bz/smrj-hp/c?c=21332&m=52881&v=d868f9ca

■開催概要
│第1期
 対象国:インドネシア・タイ・ベトナム企業
 日時 :2021年2月1日(月曜)〜5日(金曜)

│第2期
 対象国:マレーシア・フィリピン・シンガポール企業
 日時 :2021年2月18日(木曜)〜19日(金曜)
     2021年2月24日(水曜)〜26日(金曜)

 主 催:独立行政法人中小企業基盤整備機構
 協 力:全国航空機クラスター・ネットワーク
 後 援:国際機関日本アセアンセンター、独立
 (予定)行政法人日本貿易振興機構、独立行政
     法人国際協力機構、株式会社日本政策
     金融公庫、株式会社商工組合中央金庫、
     信金中央金庫等

 会 場:オンライン(Microsoft Teamsを使用)。
     事前に通信テストを実施します。

募集締切:2021年1月8日(金曜)12時

参加費用:無料(PC等の機材や通信は各社の費用
     負担)。全商談に中小機構の専門家と
     通訳者が同席し、商談をサポートします。

応募方法:以下、中小機構ウェブサイトより
     お申し込みください。
     http://krs.bz/smrj-hp/c?c=21332&m=52881&v=d868f9ca

■参加お申し込みに関するお問合せ先
 「先端産業CEO商談会(オンライン)」事務局
 担 当 者:市川(イチカワ)土山(ツチヤマ)伊藤
 電話番号:03-6407-9876(平日10時00分〜17時00分)
 E-mail :innovative-ceo2020@pasia.co.jp

<海外CEO商談会事業(CEO Network Enhancing Project)>
中小機構では、日本企業との連携を希望する海外
企業経営者(CEO)と海外展開を目指す日本の中小
企業者とのマッチングを2012年度から実施してい
ます。経営者同士で直接商談できることが最大の
特徴で、通訳を配置し、国内にいながら、信頼の
おける海外ローカルパートナー企業※と出会うこと
ができる機会を提供します。※海外現地の公的支援
機関等の推薦企業だけが参加します。
posted by Mark at 01:01| Comment(0) | セミナー、イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

現地発ウェビナー】現地所長が語る ―コロナ禍のアジアへの影響と2021年展望―

新型コロナウイルスがASEAN、南西アジアに与えた影響、また、2021年のビジネス展望などを現地所長が解説するウェビナーを開催します。

3月ごろからASEAN、南西アジア各国で新型コロナの感染が拡大しましたが、その後は国ごとに明暗を分ける状況になっています。比較的早期に感染を抑え込んだベトナム、タイなどの国がある一方、インド、インドネシアなどでは感染収束が未だ見られていない国があります。こうした状況は、各国の経済活動にも影響を与え、そこで活動する日系企業のビジネスにもこれまでとは違った対応を迫っています。

今回のウェビナーでは、こうしたコロナ禍のアジアへの影響を踏まえ、来年を考えるため、3つの疑問に応えます。
1.コロナ禍の影響を受け、アジア各国の政治・経済環境はどうなっているか?苦戦を強いられる産業、伸びる産業は?各国はどう対応しているのか?
2.アジア各国の日系企業の課題は何か?コロナ禍を受け、サプライチェーンやデジタル化にはどう対応するのか?どこに商機があるのか?
3.コロナ禍以外にも米中貿易摩擦や一帯一路、東アジア包括的経済連携(RCEP)など域内の今後のビジネス環境に影響を与える動きをどうみるか?

ウェビナーの仕組みを活用して、現地所長がライブで3つの疑問に応えつつ、みなさんと今後のアジアでのビジネス展望を考えます。是非ご参加ください。

〇日 時:2020年12月8日(火)15時00分〜16時30分
〇場 所:ウェビナー(ライブ配信)
〇受講料:有料
〇詳細および申込方法:以下のイベントページをご参照ください。
https://www.jetro.go.jp/events/ora/34c9d842c9cbbfe1.html?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=ORA_201208_asia_DB
posted by Mark at 19:06| Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現地所長が語る(ミャンマー、アジア) のご案内(ジェトロ)

ジェトロは、「ミャンマー総選挙の概況と今後の課題」をテーマに、11月8日に実施されたミャンマーの総選挙の結果および第2期国民民主連盟(NLD)政権運営の課題を解説するウェビナーを開催します。

11月8日に実際された総選挙は、スーチー政権発足後、初の総選挙となり、5年間の政権運営に対する国民の審判と位置づけられました。結果、アウン・サン・スー・チー氏が率いる与党のNLDが単独過半数を獲得、前回の2015年選挙の獲得議席を上回る396議席を獲得し、国民による信任を得て勝利を収めました。

一方、足元では、拡大する新型コロナウイルスの感染対策、コロナ禍で停滞した経済活動の再開などの喫緊の課題が山積しており、少数民族和平など継続的な課題も残されています。ミャンマーの2021年度(2020年10月〜2021年9月)の経済成長率は6.5%と見込まれていますが、高成長を維持するための経済政策運営にも注目が集まります。

今回のウェビナーでは、総選挙の結果や第2期政権運営の課題、そして今後の経済やビジネスの展望ついて、現地の目線で解説します。是非ご参加ください。

〇日 時:2020年12月3日(木)15時00分〜16時10分
〇場 所:ウェビナー(ライブ配信)
〇受講料:有料
〇詳細および申込方法:以下のイベントページをご参照ください。
https://www.jetro.go.jp/events/ora/4f52a7e469a8cbe4.html?utm_source=newsletter&utm_medium=email&utm_campaign=ORA_201202_myanmar_DB
posted by Mark at 19:05| Comment(0) | ミャンマー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする