header_logo.GIF

グローバル・シーは世界に通用する日本人・企業をサポートするコンサルティング会社です。

海外案件は、グローバル・シーにお任せください。

新着記事

2020年09月16日

新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限


令和2年9月15日(午前6時更新)
外務省
  • 9月15日午前6時までに外務省が把握している、日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限措置については以下1及び2のとおりです。
  • 本情報は、当局が公式に発表した情報を中心に掲載していますが、新型コロナウイルスをめぐる各国の対応策は流動的ですので、本情報の内容から更に変更されている可能性もあります。これらの国への渡航を検討される際には、各国当局のホームページを参照するほか、在京大使館に確認するなど、最新の情報を十分に確認してください。
  • 入国制限措置に記載されていない場合であっても、無症状であること、陰性証明書の携行、各国当局のウェブサイトへの事前の登録等が入国の条件となっている場合があります。必ず現地の日本国大使館・領事館や各国当局のホームページを参照するほか、在京大使館に確認するなど、最新の情報を十分に確認してください。
  • 入国制限及び行動制限措置に記載されていない場合であっても、日本人が日本以外の国から別の国に渡航する場合(トランジットを含む。)に、渡航先の国が日本人の入国に制限を課すケースがあります。現地の日本国大使館・領事館や各国当局のホームページを参照してください。
  • 外務省海外安全情報配信サービス(たびレジ)においては、現地の日本国大使館・領事館から、随時安全情報がメールで配信されますので、必要な方は、こちらのリンクから登録してください。
  • 中国の入国制限及び入国後の行動制限の詳細については、こちらのリンクをご覧ください。
  • 現地滞在中に本件に関し何らかの問題等に遭遇した場合は、現地の最寄りの在外公館に相談してください。
  • なお、外務省は全世界に対して一律にレベル2(不要不急の渡航は止めてください)を発出しているほか、従前の危険情報として渡航中止勧告(レベル3)や退避勧告(レベル4)を発出している国・地域もあります。これらの国・地域においては、以下の情報いかんにかかわらず、同勧告を踏まえて行動してください。

(注)本資料は地域を含むことから、一部、「入境」を「入国」と読み替えています。

1. 日本からの渡航者や日本人に対して入国制限措置をとっている国・地域(116か国/地域)

2. 日本からの渡航者や日本人に対して入国後に行動制限措置をとっている国・地域(100か国/地域)

posted by Mark at 16:59| Comment(0) | 外務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況

   
   





posted by Mark at 16:58| Comment(0) | 外務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界の医療事情

地域別医療事情

posted by Mark at 16:56| Comment(0) | 外務省 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

9/24【ウェビナー】コロナ危機を契機に存在感高める「デジタル貿易」の現状 ―その潮流と世界各地域の進展の状況― のご案内

コロナ下で一層存在感を高めているのがデジタル貿易です。デジタル貿易は、財・サービスなどの電子的手段による越境取引、デジタル化社会を実現するためのデジタル関連製品・サービスの貿易を指します。したがって、インターネットを通じた物品の売買に加え、オンラインでのホテル予約、ライド・シェアリングや、音楽配信サービスなどオンラインプラットフォームを介して提供されるサービスなど、広い概念を指すようになっています。デジタル貿易の定義や規模の測定については、統一した定義や統計がまだないのが現状ですが、ジェトロでは入手可能なデータや資料を基に、また海外の事務所ネットワークを活用しながら、世界のデジタル貿易の全貌の把握を試みました。

本ウェビナーでは、ジェトロの調査の成果を皆さまにご紹介させていただくとともに、今後のデジタル貿易の行く末を皆さまと考えます。どうぞご参加ください。

〇日 時:2020年9月24日(木)14時00分〜16時00分
〇場 所:ウェビナー(ライブ配信)
〇受講料:有料
〇詳細および申込方法:以下のイベントページをご参照ください。
https://www.jetro.go.jp/events/ora/f78bc517208de55e.html
posted by Mark at 16:54| Comment(0) | セミナー、イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする