header_logo.GIF

グローバル・シーは世界に通用する日本人・企業をサポートするコンサルティング会社です。

海外案件は、グローバル・シーにお任せください。

新着記事

2018年05月21日

EU貿易救済法制・実務及びBREXITセミナー」 ===========================

Chambers、Legal 500、Who’s Who Legal等において、EU貿易救済法分野でトップ・
ランクの弁護士に選ばれているEdwin Vermulst博士と、同僚の弁護士(パートナー)
のFolkert Graafsma氏の訪日を機に、「EU貿易救済法制・実務及びBREXITが我が国
の輸出・投資に与える影響について」と題したセミナーを開催します。
我が国の貿易・投資に大きな影響を与える日・EU EPA協定の発効及びBREXITが予定
されている状況において、欧州の著名な通商法弁護士による解説は、EUの貿易救済
法制とBREXITについて現状を理解し、疑問点を晴らす良い機会です。

■日時
2018年7月2日(月)13:00〜16:00(開場12:15

■場所
学士会館第210号室(千代田区神田錦町3-28
https://www.gakushikaikan.co.jp/access/

■主催
一般財団法人 日本貿易関係手続簡易化協会(JASTPRO)

■後援
日本貿易振興機構(ジェトロ)、日本商工会議所・東京商工会議所【予定】、
日本関税協会、日本通関業連合会

■プログラム

(1)BREXIT 日本の輸出者への影響、日本の投資者への影響

(2)EU貿易救済措置
新たなコスト計算手法、貿易救済近代化の結果

(3)質疑応答等

プログラム詳細
http://www.jastpro.org/index.html

■言語 英語(日本語の同時通訳あり)

■参加費 無料

■定員
150名(先着順)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

■お申し込み方法
JASTPROホームページ(http://www.jastpro.org/index.html )のセミナー開催案内
別添のセミナー申込書をダウンロードしていただき、以下のメールアドレス宛ての
メールに貼付してお申し込み下さい。
seminar2018@jastpro.or.jp

■お申し込み締め切り
2018年6月20日(水)

■お問い合わせ先
一般財団法人 日本貿易関係手続簡易化協会(JASTPRO) 業務二部
Tel.: 03-3555-6063(直通)
Email: seminar2018@jastpro.or.jp


━━━━━━━━━

posted by Mark at 20:02| Comment(0) | EU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイスランド ビジネスセミナー」 ========================

日本とアイスランドはビジネスにおいて長い歴史があり、今後もビジネスにおけ
るパートナーとして経済的な連携力の強化を目指しています。今回のセミナーで
はアイスランドの経済、ビジネスにおける最新事情やエネルギー、食品や観光な
どの基幹産業などを解説いたします。また、セミナー後はビジネス情報交換会の
交流イベントを設けております。

■日時
2018年5月28日(月)15:30〜17:00
          17:00〜19;00(ビジネス交流イベント)

■場所
ホテルニューオータニ東京 (千代田区紀尾井町4‐1)
セミナー会場:エド ルーム  
ビジネス交流会会場:ルーム パラッツォ
http://www.newotani.co.jp/tokyo/access/

■主催
プロモートアイスランド

■後援
アイスランド商工会議所、在日アイスランド商工会議所、
日本貿易振興機構(ジェトロ)

■プログラム

・基調講演 
 アイスランド共和国外務大臣 グズルイグル・ソウル・ソウルダルソン氏

・「アイスランドにおけるビジネスと両国経済投資環境について」 

・「アイスランドにおける3つの基幹産業」
 ・グリーンエネルギーおよびエネルギー集約ビジネス
 ・アイスランド共和国の食品 ‐新鮮かつ安心・安全な食品
 ・ツーリズム ‐新たな開拓の地へ

・ビジネス交流会 於:同ホテル ルーム パラッツォ 17:00〜19:00

プログラム詳細 
https://icelandbusinessseminar28may.eventbrite.com/

■言語 英語のみ

■参加費 無料

■定員
200名(先着順)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

■お申し込み方法
下記のリンクのフォームより必要事項をご入力の上お申込み下さい。
https://icelandbusinessseminar28may.eventbrite.com/
 
■お申し込み締め切り
2018年5月15日(金)20:00

■お問い合わせ先
駐日アイスランド大使館
Tel.: 03-3447-1944
Email: emb.tokyo@mfa.is

posted by Mark at 20:00| Comment(0) | アイスランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トルコ家電産業ビジネスミッション(7月9日‐12日)」 ========

JETROイスタンブール事務所は、トルコの家電・同関連産業への日本の中小企業
のビジネス拡大を図るため、ビジネスミッション(7月9日〜7月12日)を企画し
ました。

トルコの家電産業は、現在、トルコ経済を支える重要な基幹産業のひとつとなっ
ています。特に冷蔵庫、洗濯機の生産台数はそれぞれ680万台、740万台(2015年)
の規模を誇り、生産の約7割をEUをはじめとした近隣諸国へ輸出するなど、地域に
おける生産拠点に位置づけられています。現在、Arcelik(コチ財閥)とVestel
(ゾルル財閥)がトルコの2大地場家電メーカーと知られているほか、外資系では
LG、インデシット、ボッシュ、日系ではダイキン、三菱電機がエアコンの生産拠点
を持っています。

一方、こうしたトルコの家電産業を支える電子部品やコンポーネント、工作・加工
機械等は、海外製品への依存が大きくなっています。トルコ国内では、ここ数年、
新技術・イノベーションへの関心も高まっており、日系の中小企業、とりわけ部品
供給メーカーにとってもトルコの地場や外資系メーカーとの間でのビジネスチャンス
が期待されます。

今回のミッションでは、有力な地場および外資系家電関連企業の視察や、B to B
ネットワーキングを通じたトルコ家電産業の実態把握やビジネス連携・協力の
可能性を探ります。ぜひこの機会をご活用ください。


■日時
2018年7月9日(月)〜7月12日(木)
※現地集合、現地解散型

■場所
トルコ・イスタンブール及び近郊

■募集定員
10名程度(最少催行人数 )

■募集対象
家電・同関連産業向けの製品、技術、サービス、生産機器等に関連した企業で、
トルコへの輸出、販売、技術提携、進出またはトルコからの調達等を検討中・
関心をお持ちの日本の中小企業および在外日系中小企業。

■費用
無料
※航空賃、宿泊費、交通費、海外旅行保険等は各自のご負担となります。

■主催
日本貿易振興機構(ジェトロ)イスタンブール事務所

■プログラム
https://www.jetro.go.jp/events/mia/57984f2edd62020d.html

■お申し込み
以下URLよりお申し込みください。
https://www.jetro.go.jp/form5/pub/toi/kaden

■お申し込み締め切り
2018年6月6日(水)

■お問い合わせ先
JETRO・イスタンブール事務所 佐野、ネスリン(日本語可)
TEL:+90-212-275-5180  /  E-mail:jetro_istanbul@jetro.go.jp

posted by Mark at 19:58| Comment(0) | トルコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロアチア・ビジネスミッション(6月4日‐6日)」

クロアチア・ビジネスミッション(6月4日‐6日)」
====================================

日本貿易振興機構(ジェトロ)は、在クロアチア日本国大使館及びクロアチア
経済・中小企業省及びと協力し、クロアチアのビジネス環境を知って頂くため、
クロアチア・ビジネスミッション(6月4〜6日)を実施します。

2013年にEUに加盟したクロアチアは、2017年に2.8%のGDP成長率を記録し、
3年連続のプラス成長となるなど、経済発展を続けています。近年は、好調な
観光部門を背景に雇用環境が改善し消費が堅調に推移するほか、EU基金の吸
収に伴い投資が復調しており、引き続き3%程度の成長が見込まれています。

今回のミッションでは、現地政府機関やクロアチア経済会議所、外国人投資家
協会等によるビジネス・投資環境セミナーや現地企業の訪問などを通じて、ク
ロアチアのビジネス環境を様々な角度からご紹介します。

クロアチアへの投資をご検討の企業様はもちろんのこと、同国とのビジネス
(貿易、委託生産等)にご関心をお持ちの企業様もぜひご参加ください。


■日時
2018年6月4日(月)−6日(水)(※6日は,オプション・プログラムを予定)
※現地集合、現地解散型

■場所
クロアチア・ザグレブ市内及び近郊

■募集定員
20名程度(最少催行人数 10名)
※先着順

■募集対象
日系企業(業種・所在地問わず)

■費用
無料
※航空賃、宿泊費、一部交通費、海外旅行保険等は各自のご負担となります。

■主催
在クロアチア日本国大使館
クロアチア経済・中小企業省(MINGO)
日本貿易振興機構(ジェトロ)ウィーン事務所

■プログラム
https://www.jetro.go.jp/newsletter/win/2018/croatia.pdf

■お申し込み
以下URLよりお申し込みください。
https://www.jetro.go.jp/form5/pub/win/croatia

■お申し込み締め切り
2018年5月25日(金)

■お問い合わせ先
在クロアチア日本国大使館(担当:小池)
TEL:+385-(0)1-4870-650


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

====================================
「ブルガリア・ビジネスミッション(6月25日‐27日)」
====================================

日本貿易振興機構(ジェトロ)及び在ブルガリア日本大使館はブルガリア政府
との共催で、日本企業の皆様にブルガリアのビジネス環境を知って頂くため、
ビジネスミッション(6月25〜27日)を実施します。

ブルガリアは、本年1月に安倍総理が日本の総理大臣として初めて同国を訪問し
た他、2007年のEU加盟後初めてEU理事会の議長国に本年前半に就任し、EU首脳
会談他、主要な会議の開催が予定されるなど、注目を集めています。

本ミッションでは、現地政府機関や投資庁によるビジネス・投資環境セミナー、
現地企業・外資企業の訪問などを通じて、現地のビジネス環境をご紹介します。
ブルガリアへの投資をご検討の企業様はもちろんのこと、同国との貿易や委託
生産等のビジネス、また同国にご関心のある皆様は是非ご参加ください。

●日時
2018年6月25日(月)−27日(水)
※現地集合、現地解散型

●場所
ソフィア市内及びプロブディフ市内

●募集定員
40名程度
※先着順

●募集対象
日系企業(業種・所在地問わず)

●費用
無料
※航空賃、宿泊費、一部交通費、海外旅行保険等は各自のご負担となります。

●主催
在ブルガリア日本大使館
ブルガリア政府(首相府・経済省・投資庁)
日本貿易振興機構(ジェトロ)ウィーン事務所


●プログラム
https://www.jetro.go.jp/newsletter/win/2018/bulgaria.pdf

●お申し込み
以下URLよりお申し込みください。
https://www.jetro.go.jp/form5/pub/win/bulgaria

●お申し込み締め切り
5月31日(木) 17:00(東ヨーロッパ時間)

●お問い合わせ先
在ブルガリア日本大使館 八田(はった) 
TEL:+359-(0)2-971-2708  
Email:kigyoshien@sf.mofa.go.jp

posted by Mark at 19:57| Comment(0) | EU | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

アジア企業、純利益10年で3倍

アジア企業、純利益10年で3倍 
http://mx3.nikkei.com/?4_--_177019_--_524021_--_1

posted by Mark at 21:45| Comment(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

フィジー貿易・投資セミナー」のご案内 (主催:大阪商工会議所、国際連合工業開発機関(UNIDO)東京事務所)

フィジー貿易・投資セミナー」のご案内
(主催:大阪商工会議所、国際連合工業開発機関(UNIDO)東京事務所)

 http://www.osaka.cci.or.jp/event/seminar/201805/D11180601017.html

 南太平洋のほぼ中心に位置するフィジー共和国より、フィジー投資庁の
カマル・チェティ氏が来日する機をとらえ、大阪商工会議所と国際連合工業
開発機関(UNIDO)東京事務所は、来る6月1日、「フィジー貿易・投資セミナー」
を開催します。
 フィジーは、南太平洋において中心的役割を果たすとともに同地域のビジネス
ハブとしても注目されています。フィジー経済は、好調な観光業などに支えられ、
近年3〜4%台の成長を継続しています。輸出も好調で、フィジーウォーターに代表
される飲料水、砂糖、金、魚、衣類などを主な輸出品として、2017年には7.6%の
伸びを記録しました。日本向けには木材チップ、冷凍魚が二大輸出品となっています。
 経済の安定に加え、貿易協定や税制面での様々なインセンティブが利用できるなど、
フィジーは魅力的な投資環境を有しており、農業・農産品加工、観光、不動産、
ICTなどの分野に加え、再生可能エネルギー分野への投資が有望視されています。
 最新のフィジー・ビジネスについて情報収集できる、またとない機会です。
奮ってご参加ください。

               記

◆日 時:2018年6月1日(金)  14:00〜15:30

◆場  所:大阪商工会議所4階401号会議室 (大阪市中央区本町橋2−8)     
         http://www.osaka.cci.or.jp/access/access_cci.html
       
◆受講料:無料

◆プログラム:
 14:00  開会挨拶 大阪商工会議所
 14:10  講演「フィジーの貿易概況・投資環境とビジネス機会」
      フィジー投資庁 投資部長 カマル・チェティ氏
 14:50  フィジー紹介ビデオの上映
 15:00  講演「フィジーでのビジネス」(調整中)
 15:20  質疑応答

◆お申込み:お申込みフォームに必要情報をご入力の上、5月25日までにご送信下さい。 
     https://www.kinki.cci.or.jp/kentei/apply.php?seq=11591

◆お問合せ先:国際部(担当:福田、松本)
       TEL:06‐6944‐6411  FAX:06‐6944‐6248

posted by Mark at 08:51| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする